立石おしだ眼科 - 葛飾にある眼科医院です

ご予約・お問い合わせはこちら 03-6427-6292
初診受付はこちら

主な目の病気

角膜感染症

角膜とは、いわゆる『黒目』の表面のあたる部分です。角膜感染症は細菌やカビ(真菌)、ウイルスなどの病原菌が角膜に感染し、 炎症を起こしている状態です。病原体が触れただけで角膜感染症になることは通常ありません。 ゴミ、砂、植物の枝葉などによる角膜外傷、コンタクトレンズ装用による角膜表面のキズなどが危険因子です。 軽いものであれば点眼で治りますが、点滴などの全身治療が必要となることがあります。

  • 細菌性結膜炎細菌性結膜炎
  • 真菌性角膜炎真菌性角膜炎

アレルギー性結膜炎

アレルギーを引き起こす原因物質としては春先の花粉がよく知られていますが、その他にも家の中のダニやほこり、ペットのふけなどがあります。 アレルギー性結膜炎の症状は目やまぶたがかゆくなり、白目の充血やまぶたの腫れが生じます。 治療には抗アレルギー点眼薬がよく使われます。症状がひどい時はステロイド点眼薬が用いられます。 この薬は作用が強くよく効きますが、副作用もありますので医師の指示に従ってください。 また、治療開始は花粉が飛散する2週間前から点眼を開始することにより、飛散時期中の症状を軽減することが知られています。 毎年、花粉症の症状がある方は早めの眼科受診をおすすめします。

  • アレルギー性結膜炎アレルギー性結膜炎
  • 春季カタル春季カタル

流行性角結膜炎

まぶたの腫れ、充血、流涙、目やになどの症状が激しく生じ、俗に『はやり目』といわれてます。 この病気には有効な点眼はなく、補助的に他の感染症をおこさないために抗菌点眼や炎症を抑えるためにステロイド点眼を使用します。 伝染性が強いので学校、幼稚園、保育園は医師の許可があるまで休む必要があります。 また、症状が軽減しても黒目の表面が白く濁って視力がおとることがありますので、しばらく点眼治療の維持が必要になることがあります。

白内障

白内障

人の目は、よくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに担当する部分が水晶体です。 この水晶体が濁ってしまうことが『白内障』です。白内障になると眩しさを感じたり、視力が低下します。 日常生活に支障がない程度であれば点眼で、白内障が進行して日常生活に不自由を感じるようであれば手術を行います。 当院では手術はしておりませんので、手術適応の患者様は他施設へ紹介しております。

飛蚊症

明るい所や白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見えることがあります。 視線を動かしても、なお一緒に移動してくるように感じられます。 このような症状の『飛蚊症』には生理的な原因と病的な原因によるものがあります。生理的な飛蚊症は健康的な目にも起こる現象で、症状もすすみません。 病的な原因として網膜剥離がありますが、放置しておくと失明に至ります。 まず、飛蚊症の症状に気がついたら、その原因を調べるため眼科での検査が必要です。

正常眼圧緑内障

中途失明の原因疾患中途失明の原因疾患
(引用:厚生労働省 難治性疾患克服研究事業「わが国における視覚障害の現状」平成19年より作成)

緑内障は視野(見える範囲)の範囲が狭くなる病気です。 40歳以上では20人に1人が緑内障ともいわれ、一般的には自覚症状はほとんどありません。 知らないうちに病気が進行していることが多く、目に異常を感じることはありません(急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し、 目の痛み、頭痛、吐き気などの激しい症状をおこします)。 そのため、日本を含め諸外国においても、失明原因の上位に位置します。悪化する前にできるたけ早期に発見し、治療を開始することが大切です。

ドライアイ

目が疲れやすい、あるいは何となく目に不快感を感じるという人が増えています。テレビ、ワープロなどに囲まれて目が酷使される現代では、 疲れ目など目に不快感があると仕事だけではなく、日常生活でも大変不便感じることでしょう。こういった疲れ目などの原因として 最近注目されているのが目の乾き、ドライアイです。目が疲れやすいのは、目を使い過ぎたためばかりではなく、 ドライアイという病気の一症状の可能性があります。ドライアイは800万人以上もの患者が悩まされていると推定されています。ぜひ、一度医師にご相談ください。

  • 軽症のドライアイ軽症のドライアイ
  • 重症のドライアイ重症のドライアイ